News web

政治、経済、社会、国際、スポーツ、文化、科学、芸能、教育、医療、環境、デジタル、ファッション、車、旅、鉄道などの話題や写真の速報記事をお届けします。

    動物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 魔戒騎士黄金牙狼 ★ 2018/03/29(木) 21:43:49.17 ID:CAP_USER9

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180329/k10011384481000.html
    北海道稚内市の沖合にある無人島では、この時期、越冬で南下していたトドがロシアへ戻る途中に集まり、2000頭を超える群れが過密した状態でとどまっています。
    稚内市の宗谷岬から1キロほどの無人島の弁天島では、29日、2000頭を超えるトドが島の近くの海上に群れをなして浮かんだり、島の上に寝そべっている様子が確認できました。

    弁天島では10年ほど前から、越冬で北海道に南下していたトドがロシア周辺の海域に戻る前のこの時期に多く集まるようになりました。

    専門家によりますと、1000頭を超えるトドが密集するのは世界的に珍しいということです。

    その一方、トドの増加による漁業被害は深刻で、道が駆除を行っているものの対策は追いつかず、昨年度、宗谷地方だけでおよそ6億円の被害が出ています。

    弁天島周辺でタコ漁を行う漁業者の男性は「トドはかごから引っ張り出してタコを食べています。見た目はかわいらしいですが、漁業者にとって被害は深刻なので大変です」と話していました。
    「島は繁殖待ちのサービスエリア」
    稚内市の沖合の弁天島になぜトドが集まるのか。

    動物行動学が専門で、トドの生態に詳しい酪農学園大学の郡山尚紀准教授は、これから本格化するトドの繁殖活動と深い関わりがあると指摘しています。

    郡山准教授は「10年ほど前から流氷がとけるのが早くなり、トドにとってサハリンと北海道の行き来がしやすくなった。弁天島のトドの多くは2歳から4歳の若い個体で、繁殖のためサハリンに戻る群れだが、早く戻ると強い大人のオスに負けて繁殖に失敗するおそれがある。このため、大人との競合を避けるために一時待機するサービスエリアのような休憩場所として利用しているとみられる」と分析しています。

    さらに、トドによる漁業被害について、郡山准教授は「これからの季節、水温が高くなることから、暑さが苦手なトドが南下することは考えにくい。しかし、今後の動向を予測するためにもきめ細かな監視が必要だ」と指摘しています。
    3月29日 21時37分

    1

    【【稚内】北海道稚内沖にトド 2000頭超現る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: ばーど ★ 2018/03/26(月) 22:20:23.95 ID:CAP_USER9

    no title

    盗まれたのは、価格120万円の激レアフクロウ。意外な結末に、深まる謎とは?

    奈良県の住宅街から離れた茂みで、フクロウが見つかった。
    実は、訳ありのフクロウだった。

    3月5日、茨城・牛久市のペットショップから盗まれ、日本に3羽しかいないといわれる貴重なフクロウ。その価格は、およそ120万円。
    店の防犯カメラには、暗闇の中、慎重に両手でバッグを持ち、小走りで逃げる犯人の姿が映っていた。

    フクロウが盗まれた「猛禽(もうきん)屋」・藤田征宏代表は、「(どのへんで盗まれた?)ここのところに止めておいたんですけど。店に来たら、『盗まれています、ひもが切られています』と言われて、『えええ!?』と」と語った。

    被害に遭った男性は、すぐにフェイスブックで情報提供を呼びかけた。
    すると、盗難から2週間後、意外な場所から情報が寄せられた。

    そこは、茨城県のペットショップから400km以上も離れた、奈良・生駒市の市街地から少し離れた山の近く。

    発見者の岡野綾香さんは「このあたりに止まっていました。第一印象は、茶色いモコモコした何かがいるということだったんですけど、変なのがいると思って見たら、フクロウだった。わたしが見たのはそこだったんですけど、わたしの弟が、朝、会社に出かける時に、マンホールの近くの道路をトコトコ歩いているのを見かけて」と話した。

    しかし当初は、貴重なフクロウだと気がつかず、LINEのアイコンにしていたことで、事態は動き出した。

    発見者の岡野綾香さんは、「(アイコンの写真を見た友達から)『そのフクロウは外来種?』と言われて、図鑑とかグーグルで検索して、実は、普通のフクロウじゃなくて、もしかしたら盗難された子かもしれない」と話した。

    その後、友人らと調べるうちに、飼い主にたどり着き、盗まれたフクロウと判明。
    いったん近隣の猛禽類を扱う店に捕獲・保護してもらうことにした。

    もともとペットショップで暮らしていたのに、何者かに突然、自然界に放されてしまったフクロウ。
    体調はというと...。
    保護をした近隣の猛きん類を扱う店員は、「衰弱と言っても、見た目でわかるような大きなものでないが、2◯3日は、もしかすると食べていなかったのかなと」と話した。

    保護した時、少し衰弱した様子があったものの、餌は元気に食べたという。
    しかし、犯行の発覚を防ぐためか、個体を特定するために使われる足輪は外されていた。

    フクロウが盗まれた「猛禽屋」・藤田征宏代表は「無事に帰ってきてくれてよかった。(犯人は)必ず捕まえます。必ず、どんな手を使ってでも捜し出して、同業者も結構、被害を受けているので、必ず見つけます」と話した。

    警察は引き続き、犯人の行方を追っている。

    3/26(月) 21:31
    フジテレビ系(FNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180326-00000188-fnn-soci

    【1羽120万円!茨城で盗まれた、日本に3羽しかいない激レアフクロウ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/10/10(火) 15:34:01.26 ID:NflCUlzT0● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典

    ゴリラのモモコが第4子 仲間見つめる中で 上野動物園
    http://www.asahi.com/articles/ASKBB3TZ4KBBUTIL01S.html

    無題

    【ゴリラはチンパンジーより人間に優しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: ばーど ★ 2018/03/08(木) 12:28:07.13 ID:CAP_USER9

    no title


    インドネシアの動物園で、来園者が飼育場所に投げ入れた火のついたたばこをオランウータンが拾って吸う映像がインターネットに投稿され、来園者と動物園に非難が集中しています。

    今月4日、インドネシアの都市バンドンにある動物園を訪れていた男性客が、自分が吸っていたたばこを火を消さないままオランウータンの飼育場所に投げ込みました。

    すると、オランウータンはそのたばこを拾って吸い始め、煙を吐く姿も見せました。

    その様子は、たばこを投げ入れた男性客とは別の来園者が撮影してインターネットに投稿しましたが、投稿先のサイトには「なんてひどいことをするんだ」とか「恥を知るべきだ」などと男性客の行動を非難する書き込みが相次いでいます。

    一方インドネシアの動物福祉協会は、「この動物園は管理監督ができていない」と批判しています。

    この動物園をめぐっては、これまでもたびたび、管理に問題があるという指摘が出ていて、今回の問題を受け、動物園の閉鎖を求めてこれまでにおよそ100万人の署名が集まっていると地元メディアは伝えています。

    3月8日 10時22分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180308/k10011355491000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

    【【インドネシア】オランウータンが喫煙 煙を吐く姿も 動物園と、たばこを投げ入れた来園者に非難殺到】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県)@\(^o^)/ [FR] 2017/08/24(木) 16:47:52.91 ID:8mNa2nSN0● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典

    有袋類の仲間、熊本で国内初の化石 9000万年前地層から
    http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017082402000248.html

    無題

    【カンガルーの袋の中って、臭いらしいな。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: スレ立て代行@ベクトル空間 ★ 2018/03/14(水) 18:54:13.44 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180311/k10011360251000.html
    群馬県草津町の動物園で、カピバラの5つ子の赤ちゃんが生まれ、かわいらしい姿で訪れた人たちを楽しませています。

    草津町にある動物園「草津熱帯圏」では、今月7日の朝、カピバラが5つ子の赤ちゃんを生みました。
    飼育員によりますと、5つ子は、いずれも体長がおよそ30センチ、体重が1.5キロほどで、オスかメスかはまだわかっていないということです。
    訪れた人たちは、カピバラの赤ちゃんが飼育スペースで母親の乳を飲んだり、元気に走り回ったりする様子を見ながら写真を撮っていました。
    東京から訪れた10代の男性は、「カピバラの赤ちゃんは初めて見ました。小さくてかわいくて癒やされます」と話していました。

    草津熱帯圏は、今後、生育状況を見ながら、訪れた人たちとの触れあいの場を検討するとともに、ホームページで名前を募集することにしています。

    無題

    【カピバラ 5つ子の赤ちゃん誕生=群馬「草津熱帯圏」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/03/10(土) 22:31:28.15 ID:CAP_USER9

    メキシコ南部のベラクルス州ラスチョアパスに1頭のカバが出現。
    カバは本来、サハラ砂漠以南のアフリカ大陸にしか生息しておらず、
    住民たちは「いったいどこからやって来たのか?」と対応に苦慮する事態に追い込まれた。

    このカバは今年1月にゴミ置き場付近で発見され、以後、池周辺をうろうろ。
    専門家によれば3歳くらいのカバで体重は600キロ。
    かなり攻撃的で人間に被害をおよぼす危険性があるため、捕獲方法と移送する場所を検討することになった。

    ちなみに住民たちはこのカバを「TYSON(タイソン)」というニックネームで呼んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000110-spnannex-soci

    メキシコ州南部で発見されたカバのタイソン(AP)
    no title

    【なぜ?メキシコでカバ出現、かなり攻撃的で危険性あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2017/12/16(土) 13:37:46.18 ID:LOlvHjxO0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典


    人間とチンパンジーの赤ちゃんを一緒に育てたらどうなるのか? そんな興味深い実験が過去に行われたことがある。
    チンパンジーは人間に影響され、少しでも人間のように育つのか?1931年に心理学者が実際に実験に踏み切った。

    実験されたのはグアという赤ちゃんチンパンジーと、生後10ヶ月の男の子であるドナルド・ケロッグ。
    グアとドナルドは同じ食卓で食事をするように育てた。
    学者は実験期間の間、身長、体重、血圧、知覚、運動機能を検査し、更に頭蓋骨差まで記録。

    驚くべきことに、同じ条件下にあるにも関わらず、人間であるドナルドよりもチンパンジーのグアの方が人間の環境にうまく適応していたのだ。
    グアはドナルドよりも先に便をすることを覚え、更にキスをして許して貰うという行為していた。
    また、グアがおもちゃを発見して遊べば、ドナルドはグアの行動をそのまま真似した。

    しかしここで学者の悩みが生じた。
    人間であるドナルドが同じ年齢の子ども達と比べて言語能力に全く進歩が無かったのだ。
    19ヶ月のドナルドが話せた単語は3つだけ。

    そして実験を終了しなくてはいけない理由が生じた。
    それはグアはお腹が空いたら吠えるような声を出して食べ物を貰うのだが、 ドナルドも同じような行動に出たのだ。

    この実験結果で分かったことは「チンパンジーが人間のように育ったのではんく、子どもがチンパンジーのように育った」のである。
    実験終了後にグアは動物園に送られ母親と再会するもチンパンジーとの生活が難しかったようで、翌年に死んでしまった。

    ドナルドはその後に急速に言語能力が発達し、後にハーバード大学医学部に進学し精神科医になったが、親が死んだあとに42歳で自殺した。

    環境の影響が重要だとしても遺伝要因を決して無視できないことを示した事例である。

    http://gogotsu.com/archives/35477

    no title

    【人間の子供とチンパンジーの赤ちゃんを一緒に育てる実験! → 子供がチンパンジー化するという結果に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: あられお菓子 ★ 2018/03/15(木) 20:13:50.57 ID:CAP_USER9

    毎日新聞 2018年3月15日 15時07分
    https://mainichi.jp/articles/20180315/reu/00m/030/008000c

    [ヨハネスブルク 14日 ロイター] - 冷血動物で冷たいイメージを持たれているヘビについて、 子どもが卵から孵化した後、母親が短期間共に過ごしたり、巣穴を守ったりしているケースがあるとの研究が、ロンドンのジャーナル・オブ・ズーオロジーに発表された。

    研究は、ナタールニシキヘビの営巣行動を調査したもので、産卵型のヘビの母親の子育てに関する初の報告となった。
    ヘビに無線送信機を装着して巣穴まで追跡し、巣穴に赤外線カメラを設置して観察を行った。

    南アフリカのウィットウォーターズランド大学、グラハム・アレクザンダー氏が7年にわたって行ったフィールドワークの結果、母親は交尾から産卵までの7カ月間、食事なしで過ごし、体重の40%を失う場合があることが分かった。
    体内で体温を維持するため常にエネルギー補給が必要な哺乳類と異なり、 蛇を含め変温動物である爬虫類は、長期間食事を取らずに生きることができる。

    また、子どもは通常数十匹単位で生まれ、母親は孵化後2週間程度子どもたちと過ごすが、給餌や指導などは行わない。
    ただ、夜間に子どもたちをとぐろの中に囲うことが分かり、子どもを温める作用があるとともに、生存率向上にもつながっているとみられる。

    無題

    【冷血イメージのニシキヘビ、献身的な子育てぶりが明らかに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: ばーど ★ 2018/03/10(土) 12:55:54.42 ID:CAP_USER9

    no title

    no title


    動物との触れ合いやイチゴ狩りを体験できる観光施設「淡路カントリーガーデン」(兵庫県淡路市野島常盤)で、全身真っ黒のヒツジの赤ちゃんが誕生した。成長すると、頭と四肢が黒く体は白い羊毛で覆われる「サフォーク」種。10日から公開されるといい、同施設の沖薫店長は「黒い姿を楽しめるのは今だけ。この機会を見逃さないで」とPRする。

     9年前の開園時から飼っている、全身が白い「コリデール」種2頭が年老いたため、サフォークの導入を決定。昨年5月、岡山の施設から生後3カ月の2頭を購入し、雄を「フォーク」、雌を「スプーン」と名付けた。

     2頭は順調に育ち、今年3月1日、スプーンが雌の赤ちゃんを出産。生まれた時は全身が短い黒毛で覆われていたが、徐々に白みを帯びている。スプーンの後を追って元気に走り回る姿が人気を呼びそうだ。

     午前10時半~午後5時。水曜定休。入園料は中学生以上400円、小学生以下200円、3歳未満無料。イチゴ狩りは要予約。同施設TEL※電話番号はソースでご確認ください

    2018/3/10 05:30
    神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201803/0011053635.shtml

    【【メェ~】全身真っ黒、ヒツジの赤ちゃん誕生 /兵庫・淡路市】の続きを読む

    このページのトップヘ